ペットロスはどうやったら乗り越えられる?

サイト4大切なペットを失くした経験がある人の中には、体験した人も多いかもしれません。ペットを飼ったことがない人や、あまり深く感情移入をしない人には理解が得られがたい面もありますが、ペットロスは愛するペットを持つ人にとって大きな問題になります。

ペットロスとは

飼っていたペットを失うと、深い悲しみにくれて色々なことに手がつかなくなってしまう時があります。ペットロスはいくつかの段階に分けることができます。

初期段階にはショックや拒否といったものがあり、中期段階では情緒的な苦痛や苦悩が、最終段階では回復があります。もう少し詳しく見ていくと、ペットを失った際には、初めに「拒否」や「怒り」があります。ペットがいなくなってしまった事実を受け入れられなかったり、失ったことへの怒りが生まれたりします。次に「交渉」があり、悲しみを癒すために願掛けをするなど、他のものに頼る状態になります。次に「抑うつ」があります。悲しみのせいで何に対しても楽しい感情がだせず、軽いうつ状態になります。最後に「受容」です。うつ状態から抜け出して、楽しい気持ちを取り戻していき、ペットの死を受け入れられるようになります。
引用サイト:無添加ドッグフードランキング|アレルギー対応|サイズ・犬種別|高人気・高評価

ペットロス症候群

ペットロスが長期化し、半年以上経ってもぬけだせない場合をペットロス症候群といいます。ひどいうつ状態になったり、自殺願望があらわれたりするなど危険な状態です。過去にペットを失う以上の悲しみを味わっていなかったり、自分がペットロスで落ち込んでいることに対して周囲の人の理解が得られなかったり、ペットの死に重度の責任を感じてしまうなど、いくつかのことが原因で、ペットロスから抜け出せなくなってしまうことがあります。

ペットロスを乗り越えるために

ペットロスの「拒否」「怒り」「交渉」「抑うつ」「受容」の流れを知っておくだけで、ペットロスからの立ち直りを早くすることができます。ペットロスになった自分を客観的に分析することができるためです。

ペットロスになってしまった場合には、思い切り泣くなどして、悲しみを我慢しないようにしましょう。死の瞬間や、弔いの際には、できるだけ立ち会うようにしましょう。ペットに手紙を書いて気持ちを整理したり、ペットと一緒にいることで築かれた生活を少し変えてみたりすることも効果があります。経験者や、悲しみを共有できる人がいる場合にはたくさん話をしてください。悲しみの時間は必要です。